お客様の声 インタビュー1

東京にいながら、仙台と郡山の収益物件のメンテナンスを安心してお任せできました

東京都に在住。
北海道から関東にかけて25棟の収益物件を保有しているオーナー様です。

ヤブ原産業へは、宮城県仙台市にある木造2階建て(3LDK×6戸)のTアパートと、福島県郡山市にある鉄筋コンクリート造3階建て(1K×29戸)のDマンションの屋根外壁塗装や防水工事を依頼しました。

Tアパート(宮城県仙台市泉区長命が丘)

構造
木造2階、3DK×6戸
竣工
1985年竣工(工事当時築25年)
工事期間
2カ月
工事内容
外壁塗装(180m2)、屋根塗装(300m2)、防水、他
工事金額
180万 完了報告書を見る

Dマンション(福島県郡山市)

構造
鉄筋コンクリート造3階、29戸
竣工
1985年竣工(工事当時築25年)
工事期間
1カ月
工事内容
屋上防水(450m2)、外壁一部塗装、他
工事金額
350万 完了報告書を見る

東京にお住まいのオーナー様が、東北の収益物件のメンテナンスをリピート依頼

ヤブ原産業には具体的にどうような工事をお願いしましたか?
30代から不動産投資をはじめ、現在では全国に25棟の収益物件を保有している杉本様。自分の目で見られない遠方の建物のメンテナンスに大いに気を配っておられます。

私は、北海道から東京までのエリアを中心に、マンションやアパートを収益物件として所有しています。

ヤブ原産業には宮城県仙台市にある木造2階建てのTアパートの外壁と屋根の塗装、防水工事をお願いしました。

また、続けて福島県郡山市にある3階建てのDマンションについては防水工事をメインに、外壁塗装も一部お願いしました。

継続して外壁のメンテナンスを依頼されているのですね。

はい、そうです。
1度工事をお願いして、仕事の内容がよかったもので2度目の工事もお願いしました。

私は長年収益物件を運用していますが、建物というものは、きちっとメンテナンスをしておけば、築年数よりも「築浅」に感じる外観が維持できます。
先手を打ったメンテナンスを心掛けることで大きなダメージを防いで、結果メンテナンスにかかる費用も抑えることができますね。

というのも以前、RC造のマンションが漏水してしまい、住む方に迷惑をかける苦い経験をしたことがあるんですよ。
ですので、屋上やバルコニーの防水工事などは塗膜にヒビが入る前のメンテナンスが絶対に大切なんです。

ヤブ原産業では外壁塗装工事に併せ、防水工事もお願いできます。家の外回りの工事を丸ごとお願いできるので手間いらずでした。

なぜメンテナンスが必要なのか?

収益物件のオーナーという立場から、メンテナンスの必要性についてお聞かせください。
「収益物件を持つことは、経営と同じです。入居しているお客様によりよい環境で住んでいただきたいのでメンテナンスは欠かせません」

投資用の物件は、お客様に借りていただいて初めて利益につながります。

不動産を持つことは経営と同じですから、建物の持つ性能や美観を維持して、きれいで安心して住める物件を提供することすることは、当然私たちオーナーの務めです。

そのためには定期的なメンテナンスが必要不可欠だと実感しています。

建物は、手を加えずにいると劣化するばかりですよね。

リフォームをしないで安い家賃でお客様に提供しているオーナーもおりますが、私は入居者の方々にはできるだけ長く、私も入居者も納得できる家賃で住んでいただきたいので、定期的な改修に努めています。

また、お客様を案内する不動産会社の立場で考えてみても、手の行き届いた物件の方が当然オススメしやすいことは容易に想像できることではないでしょうか。

杉本様が考える収益物件のメンテナンス方法とは?

杉本様は東京に住まわれていますが、北海道や東北などの遠方の物件はどのように管理をされていますか?
「収益物件の管理は現地のハウスメーカーや不動産会社が担当。現地のブレーンがいても、メンテナンスはオーナーから提案して取り組むことが多いそうです。

仙台の収益物件は、販売元のハウスメーカーが管理をしています。

2年に一度のスパンで建物のプロが現場状況を診断して、写真付きの資料を送付してもらえるので、「そろそろリフォームが必要かな?」と、メンテナンスの判断材料にしていますね。

また、郡山の収益物件に関しては地元の不動産会社に管理をお願いしています。

一般的に、不動産会社って積極的なメンテナンスの案内はしてくれませんから、オーナーの私から自発的にメンテナンスに取り組むようにしています。

定期的なメンテナンスをしておくと不動産会社からの評価もいいので、空室になりにくいですね。

外壁塗装と防水工事を施工したヤブ原産業について

では、数ある塗装会社からヤブ原産業を選んだ決め手は?
「ヤブ原産業はとにかく工事の内容と納得いく価格が決め手でした」

不動産投資は経営ですから、修繕にかかる費用は必要経費です。

私は施工会社を選ぶときは当然工事の金額を重視しています。

それに、自分の持っている物件すべてが満室というわけではありませんから、できる限り余計な支出は抑えたいものです。

私は東京に住んでいますから、インターネットで仙台の外壁塗装会社を探しました。

ヤブ原産業は、仙台の地域に密着した塗装専門業者です。
これまでの経験上、地元密着型の業者は「仕事に一生懸命に取り組む」という傾向があるので、間違いはないかなと思いまして、まずは見積もりをお願いしたんです。

実はもう一件、相見積もりをお願いしていましたが、ヤブ原産業の方が見積もりの内容が明確で、費用的にも納得できるものでしたので、ヤブ原産業にお願いすることにしました。

ヤブ原産業に工事をお願いしてよかったと思う点は?
  • 外壁塗装と防水工事を一貫してお願いできる点
    私たちオーナーというのは、業者探しもそうスムーズにできるわけではありません。ヤブ原産業にお願いすることで、外壁塗装も防水工事も一貫してお願いできる点がよかったです。
  • 丁寧にまとめられた工事報告書を送付していただいた点
    完工後には工事中の工程ごとに撮った写真を台帳にして送ってくださいました。
    工事の内容が把握できてよかったですね。ただ安いだけで工事の内容や仕上がりが悪ければ問題外ですから、ヤブ原さんは工事の内容も金額も納得できて信頼できました。
  • 不動産業者からお墨付きをいただいた点
    実は、建物を管理している不動産会社からはこのようなコメントをもらいました。
    「これだけの金額であれだけの仕事をしていただけるなら、いい業者さんですね」と。
    建物の専門家からお褒めの言葉をいただいたので間違いないでしょう。

オーナーにとっては、不動産会社との信頼関係は本当に大切です。それが入居されているお客様にとっての信頼につながりますからね。

全国の収益物件のオーナーに向けてメッセージ

これから外壁塗装や防水工事をしようと考えている全国のオーナー様に向けて、一言アドバイスをお願いします。
ヤブ原産業の担当・横山と、メンテナンス情報を交換する杉本様

定期的な修繕はお金がかかるイメージもあると思いますが、建物をより長く維持するためには必ず押さえるべきポイントです。

最終的には、資産価値を高めますので、オーナーとしてお金をどこに費やすべきなのかを考えることをオススメします。

不動産投資も経営ですから、できるだけお客様に満足していただけるような努力が必要です。

私はいつでも「借りていただいている」というスタンスでリフォームの内容も考慮しています。

ぜひ、お客様目線でリフォームやメンテナンスを考えみてください。
お客様に選ばれるオーナーになることでいい資産運用ができると思います。

「東北にある物件のメンテナンスでは、ヤブ原産業さんを頼りにしています。これからもどうぞよろしくお願いいたします」


~お忙しいなか、取材にご協力いただきありがとうございました~

取材日時:2018年2月
※ 文中に記載されている数値など情報は、いずれも取材時点のものです。


お問い合わせ

ご相談、お見積のご依頼は
お電話またはメールフォームにてお気軽にご連絡ください。

お見積り:0120660744

【営業時間】9:00~17:30
【定休日】土・日・祝日

お見積り:0120660744 LINE相談

ページの先頭へ

  • ヤブ原産業株式会社 仙台支店
  • 〒982-0031 宮城県仙台市太白区泉崎2-21-14
  • TEL:0120-660-7440120-660-744